首都圏店舗賃料相場情報サイト

お気軽にお問い合わせください03-5333-5641mailお問い合わせ

首都圏都県別賃料相場

日本の医師会と医療行政が度を越してサボり過ぎです

2020年11月30日

日本の医療行政が最悪です。
毎日「もう限界」「医療崩壊の危機」「もっと市民に規制を強化しなくては」と言う、とても恐怖を感じるニュースばかりが溢れているので、本当にそうなのかな?と疑問を感じました。
そこで週末に国別の医療体制を調べようと思い、「国別の病院数」を調べて見たところ、、

<2018年現在の世界の国別病院数>
1位  日本    8372棟
2位  アメリカ  6210棟
3位メキシコ 4位韓国 5位ドイツ 6位フランス 7位イギリス

なんと日本が「断トツで1位の病院棟数!」でした。
さすがは高額な医療保険を徴収し、老人大国と言われることは有りますね。
ですが何かがおかしいです。。
アメリカ  毎日10万人以上が感染し25万人以上が死亡
日本    毎日わずか2000人が感染し、たったの2000人が死亡

アメリカ  まだ医療崩壊はしておらず何とか持ちこたえている
日本    「やばい」「もう限界が」「医療崩壊してしまう」と大騒ぎ。

国土面積  アメリカは日本の30倍
国民数   アメリカは日本の2倍
病院数   日本が世界1位でアメリカより3割も多い病院数である。

積算すると
「日本人の一人当たりの医療サービス体制」のパワーは
地域面積当たり「アメリカの60倍以上」あります。
「医療のマンパワーだけを見てもアメリカの3倍以上」あります。

つまり日本の国民一人当たりの医療体制は「世界1位」で、
しかも「断トツで世界1位!」なんです。

それなのに「アメリカの50分の1の患者数、100分の1以下の死亡者数」「医療崩壊」すると言うのなら、
「世界1位の日本の医療行政」
「市民に恐怖だけ植え付けて」
「健康保険料で軽い治療してれば儲かるから」
「一部の病院にコロナ対応を押し付けて」
かなり、とても、自分たちは随分と楽をしながら、
「思い切りサボっている」としか考えられません。

今年も何度か都心の大規模総合病院へ足を運びましたが、「病院内はかなり空いている」「待ち時間が無い」「受付は暇そう」でした。
そして「どの総合病院でもコロナ患者対応のかけらも見当たりません」でした。

医師会の会長がまるで反社会勢力の人物のような顔つきで「もう限界だ!」「今すぐ規制強化を!」「医療崩壊するぞ!」とテレビで盛んに恐怖を煽る発言を繰り返していますが、「そんな政治的な発言する前に医療の仕事、医者の本分の仕事をしろ!」「もっと国民を安心させるような仕事内容と提案の発言をしたらどうなんだ!」と感じるのは私だけでしょうか。

大多数の国民は「お医者様はとても頑張っている」「小池知事の言う事は絶対に正しい」
と考えているようですが、声を上げる方向が根本から間違っています。

ヤフーアンケートによると、
「緊急事態宣言を直ちに再度発令すべきだ!」75%
「緊急事態宣言は発令すべきではない」20%
「良く分からない」5%
と言う結果だそうです。

これが恐怖の洗脳の怖い結果です。

それでもまだ「20%もの人々がまともにものを考えている」事は救いです。
もし「99%の人が緊急事態宣言の発令に賛成」だったらと思うとゾッとします。

都知事も相変わらずの最悪な政策で、週末には知り合いの飲食店経営者から「せっかく少し良くなってきていたが、小池知事の時短規制でまたっという間に地獄だ」と言っています。

大人になればきっと自分にも2本の手が有る事に気づくだろう。
1本は自分を支えるため。
もう1本は誰かを助けるため。

大人になると良く理解できる好きなことわざです。

が、残念ながら都知事や日本の医療行政者たちは
「大人になっても両手は自分を守るためだけに有るのよ」
と言う人たちなんでしょう。

「リーダー次第で良くも悪くもなる」のは、
「同じ店舗でも店長次第で売り上げが伸びたり下がったりする」
店舗の経営とよく似ています。

今の行政のリーダーはコロナ感染開始から10か月間の時間を無策、無計画、無駄に浪費して、ただただ恐怖の鞭を国民に振らせ続けるような最悪なリーダーですから、
今後も日本国民の生活がどんどん悪くなるのは残念ですが明らかなようです。
とてもオリンピックどころの気分ではありません。

追記
Upした本日(12月1日)、ニューヨークでは3500人以上の入院患者が出ても対応していますが、同日の国内ニュースでは、東京都では重症患者150人を受け入れる事も困難だと医療関係者が抵抗しているそうです。
重症患者って全員ICUに入れないと何も手当てが出来ないんですか?
欧米は10倍以上の重症患者にちゃんと対応してますよ?
お医者様たちは、そして潤沢な予算で作り上げてきた医療施設や設備は、一体どこへ消えたのでしょうか。
都民にどんどん苦痛を強いる女帝知事ですから、ここは是非医療現場への一喝も入れて頂きたいところです。
出来ないなら国民に保険料を返金しましょう。
総合病院はどこもガラガラで暇そうですよ。








株式会社ビルズ 代表取締役 井上 良介