店舗相場TOWNは、株式会社ビルズが運営する首都圏の店舗賃料相場情報サイトです。

店舗相場TOWN 首都圏の店舗賃料相場情報サイト

更新履歴
2018年12月01日 update
店舗賃料相場、市区別募集傾向、東京都 町域別募集傾向を更新しました。
2012年11月01日 new
契約条件の動向のページを公開しました。
Build's運営サイト紹介
店舗仲介・テナント情報プロデュース - 株式会社ビルズ

店舗物件専門の仲介・テナント情報プロデュース企業、株式会社ビルズのサイトです。

首都圏の優良店舗物件探しサイト - 店舗物件PRO

店舗物件探しサイト。優良な店舗物件、常時60,000件保有。店舗探しは、実績と信頼のビルズへご相談ください。

今は鳥ブーム?ステーキブーム?なぜか肉ばかり、、

2018年04月02日

 

焼き鳥居酒屋」が全盛期を迎えています。

まるでかつての「もつ鍋ブーム」の再来のように。

加えてステーキ店、肉バル、焼肉などなぜかお肉がメニューの中心のお店が勢い増しています。

以前にも書きましたが海で囲まれている日本の食生活がどんどん肉食へと傾斜しています。

一部の回転すしチェーンを中心とした格安寿司や、真逆の高級すし店もそこそこ頑張ってますが、

そのちょうど中間の「おいしくて格安でも無くて、味も値段もそこそこ中間のお店」はあまり増えていません。

高度成長期には日本人の8割が「自分は中間層だ」と答えていましたが、このような「格安か高級」の両極端のお店の展開が目立つ今の時代は、もはや中間層の時代では無いのでしょうか。

週刊誌の特集記事も「富裕層の記事」1割程度と「貧困層の記事」9割程度と言う割合になりました。

中間層向けの記事」は、ほぼ皆無です。

ですが本当に日本人が「貧困層」「富裕層」に分かれてしまった訳では無い事は、様々なデータからも明らかです。むしろ日本は世界的に見ても「比較的平等な国」と言う結果が出ています。

つまり上位の所得層と下位の所得層の差は他の諸外国に比べてはるかに小さいのです。

つまり日本人の意識だけが変化してしまっている、悲観的に考える人が増えている、などが原因で

1億人総中流意識」と言われていた考え方が「下流へと押し流されている」のが現状だと思います。

良く見かける「幸せを感じる国のランキング」でも日本は常に下位ですが、実態は「戦争もなく、所得もそこそこあり、おいしい食事が出来て、かなり自由にものが言えて、学校にも通える」だけでも十分なくらいに幸福なはずです。「農耕民族の遺伝子の持つ悲観的な考え方だ」と言う学者もいますが、物事をもう少し明るく捉えることが出来れば、まだまだ「日本発の文化や工業製品や農産物や生活習慣」は創造できる筈だと思うのですが。

 

株式会社ビルズ 代表取締役 井上 良介

市場動向トピックス

より詳細な店舗賃料相場・募集傾向情報をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

ご不明な点などございましたら、お気軽にお電話(TEL:03-5333-5641)でもお問い合わせください。

お電話をいただく際は、店舗相場TOWNのホームページを見た!とお伝えいただくとスムーズです。

※大変恐れ入りますが、同業他社様のお問い合わせはご遠慮いただきますようお願いします。

当サイトに掲載されている情報・文章・写真・イラスト等のコンテンツを無断で掲載・転用することを禁じます。

Copyright © 1999-2011 Build's Co., Ltd. All Rights Reserved.