店舗相場TOWNは、株式会社ビルズが運営する首都圏の店舗賃料相場情報サイトです。

店舗相場TOWN 首都圏の店舗賃料相場情報サイト

更新履歴
2018年10月01日 update
店舗賃料相場、市区別募集傾向、東京都 町域別募集傾向を更新しました。
2012年11月01日 new
契約条件の動向のページを公開しました。
Build's運営サイト紹介
店舗仲介・テナント情報プロデュース - 株式会社ビルズ

店舗物件専門の仲介・テナント情報プロデュース企業、株式会社ビルズのサイトです。

首都圏の優良店舗物件探しサイト - 店舗物件PRO

店舗物件探しサイト。優良な店舗物件、常時60,000件保有。店舗探しは、実績と信頼のビルズへご相談ください。

撤退開始する外資系アパレル企業から見える日本の商業の将来

2018年03月01日

 

鳴り物入りで日本に進出してきた若者向けの外資系アパレル企業が、旗艦店とも目される「原宿」や「渋谷」から相次いで撤退を始めました。

直近の顕著なところでは「H&M原宿店」「フォーエバー21原宿店」などです。

原宿」や「渋谷」の街は我々日本人から見れば「若者文化の最先端、最も若者に支持される街」です。

その街から撤退すると言う事は恐らく既に始まっている日本の超高齢化社会を見越して、キズが浅いうちに日本からは手を引こうと言う意図が感じられます。

現在の商業界ではニュースでも散見される通り、少子高齢化を反映した企画や事案が目白押しです。

少子化→若者の人手不足→「賃上げ」「時間短縮」「ロボット化」「AIの導入」サービスなどの拡充。

高齢化→あまり外出しない→「宅配」や「ネット注文販売」のサービス強化策の拡充。

現代は生活に欠かせない「衣食住」の中で「」と「」は家に居ながらサービスを受ける事が出来る時代に既に突入しています。

だとしたら不動産の有り方として「」環境も今後は「」や「」の宅配や各種サービスに対応出来る設備や機能を備える事が必須になって来る筈です。

恐らく各家庭に簡単に操作できる「お届け注文専用ボタン端末」が設置される日もそう遠い事ではないでしょう。

私の家のリビングにもし「コンビニ端末」が有ったならさぞ便利でしょう。

届けてくれるのは人ではなくロボットやドローンが何でも届けてくれる未来像もすぐそこまで見えて来ています。

 

株式会社ビルズ 代表取締役 井上 良介

市場動向トピックス

より詳細な店舗賃料相場・募集傾向情報をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

ご不明な点などございましたら、お気軽にお電話(TEL:03-5333-5641)でもお問い合わせください。

お電話をいただく際は、店舗相場TOWNのホームページを見た!とお伝えいただくとスムーズです。

※大変恐れ入りますが、同業他社様のお問い合わせはご遠慮いただきますようお願いします。

当サイトに掲載されている情報・文章・写真・イラスト等のコンテンツを無断で掲載・転用することを禁じます。

Copyright © 1999-2011 Build's Co., Ltd. All Rights Reserved.