店舗相場TOWNは、株式会社ビルズが運営する首都圏の店舗賃料相場情報サイトです。

店舗相場TOWN 首都圏の店舗賃料相場情報サイト

更新履歴
2018年12月01日 update
店舗賃料相場、市区別募集傾向、東京都 町域別募集傾向を更新しました。
2012年11月01日 new
契約条件の動向のページを公開しました。
Build's運営サイト紹介
店舗仲介・テナント情報プロデュース - 株式会社ビルズ

店舗物件専門の仲介・テナント情報プロデュース企業、株式会社ビルズのサイトです。

首都圏の優良店舗物件探しサイト - 店舗物件PRO

店舗物件探しサイト。優良な店舗物件、常時60,000件保有。店舗探しは、実績と信頼のビルズへご相談ください。

「景気は気持ち」少しずつ個人消費が上昇

2014年04月04日

・・・すると既存の古いタイプの店は苦戦が始まる予感が。

プチ贅沢が流行り始めています。

 

これまでより「ちょっと贅沢」して「新しい物」「新しい食べ物」「新しい場所」へと気持ちが動いて行く事により、少しずつ気持ちの中の「個人景気」も刺激を受けているので、不景気の時に「安心して入れた安いお店」に興味が無くなる人が増えると予測しています。

出店傾向にも徐々にそのような傾向「新規の業態、新規のメニュー、新規の場所選び、新規の店舗面積拡大」などが表れています。

 

これまでにも「メニュー見直しリニューアル」「新機軸を打ち出す」ことはもちろんどの企業様も取り組んで来ましたが、この先の1、2年間は更に「新規」から「思い切って看板を掛けかえる」「大箱へ移転して余裕のある客席作り」「輸入デザインの取り入れ」「高額サービスや商品の拡充」「新ブランドの立ち上げ」などにより「これまで以上に斬新でかなり思い切った」ビジネスモデルもどんどん登場すると予想しています。

既にその兆しは都心部を中心に見え始めていますが、この先どのような「楽しい、新しい、美味しい、珍らしい、使いやすい」お店が増えるか、今から楽しみでワクワクします。

反面、既存タイプのお店には苦戦が予想されます。

 

安心、安い、早い」などの価値観は個人消費の上昇局面では徐々に薄れて行くと思いますので、「ここに来ないと経験できない体感、食べたことが無い料理、見た事の無い品物、受けたことが無いサービス」などのよほどの目新しさが無ければお客さんは新機軸のお店に流れてしまい、厳しさが増すのではないかと考えます。

勿論すべての「安心、安い、早い」が無くなる訳ではなく、より一層「お金の使い道」を「使い分ける」賢い消費者が増えると言う風に考えるのが妥当だと思いますが。

株式会社ビルズ 代表取締役 井上 良介

市場動向トピックス

より詳細な店舗賃料相場・募集傾向情報をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

ご不明な点などございましたら、お気軽にお電話(TEL:03-5333-5641)でもお問い合わせください。

お電話をいただく際は、店舗相場TOWNのホームページを見た!とお伝えいただくとスムーズです。

※大変恐れ入りますが、同業他社様のお問い合わせはご遠慮いただきますようお願いします。

当サイトに掲載されている情報・文章・写真・イラスト等のコンテンツを無断で掲載・転用することを禁じます。

Copyright © 1999-2011 Build's Co., Ltd. All Rights Reserved.