店舗相場TOWNは、株式会社ビルズが運営する首都圏の店舗賃料相場情報サイトです。

店舗相場TOWN 首都圏の店舗賃料相場情報サイト

更新履歴
2018年12月01日 update
店舗賃料相場、市区別募集傾向、東京都 町域別募集傾向を更新しました。
2012年11月01日 new
契約条件の動向のページを公開しました。
Build's運営サイト紹介
店舗仲介・テナント情報プロデュース - 株式会社ビルズ

店舗物件専門の仲介・テナント情報プロデュース企業、株式会社ビルズのサイトです。

首都圏の優良店舗物件探しサイト - 店舗物件PRO

店舗物件探しサイト。優良な店舗物件、常時60,000件保有。店舗探しは、実績と信頼のビルズへご相談ください。

依然厳しい状況が続いています

2011年05月09日

東京圏では震災からようやく消費回復に向かっているようですが、賃貸市場の動向は引き続き厳しい状況が続きます。

4月に集計されたデータでは都心のビルの空室率は過去最高率を記録し、3年連続で平均賃料も下落しています。

店舗用不動産においても緩やかな下落傾向はここ5年以上変わりません。

日本全体で人口が減少すると同時に高年齢化がますます進めば、当然購買層や飲食層も年来は高齢化へとシフトして行く上、これからはネットでの物品販売も急速に伸びて来ますから、全体的な国内消費のボリュームも余程の政策変化(移民などの大幅な受入や超観光国家化など)が無い限りは、「実売店舗需要」はどんどん減るのは当然です。

消費の需要が減少すれば不動産需要も減少することは必然ですから、これからの日本では「賃貸市場の大幅な回復」とか「バブルのような不動産市場の高騰」などど言う事は常識的に考えれば起こり得ません。

加えてこのところ外資系ファンドは「ジャパンリスク」を嫌い所有不動産を売却する傾向が顕著です。

このような「」と「未来」を考えらながら「貸ビル」あるいは「賃貸店舗」を経営するオーナー様は本当に知恵や工夫が必要になります。

これからは「テナントが借りたくなるような物件」をいかにアピール出来るかが「継続安定した不動産経営」の大きなポイントになります。

株式会社ビルズ 代表取締役 井上 良介

市場動向トピックス

より詳細な店舗賃料相場・募集傾向情報をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

ご不明な点などございましたら、お気軽にお電話(TEL:03-5333-5641)でもお問い合わせください。

お電話をいただく際は、店舗相場TOWNのホームページを見た!とお伝えいただくとスムーズです。

※大変恐れ入りますが、同業他社様のお問い合わせはご遠慮いただきますようお願いします。

当サイトに掲載されている情報・文章・写真・イラスト等のコンテンツを無断で掲載・転用することを禁じます。

Copyright © 1999-2011 Build's Co., Ltd. All Rights Reserved.